ステンレス

ステンレスは、4種類あります。 オーステナイト系ステンレスは、SUS304が多く使用され、 食品、自動車関係に使用されています。 マルテンサイト系は、焼入れをして使用します。 析出硬化系は、航空機関係に多く使用されています。 加工性は良くありませんが、削り加工、研磨、ラップ仕上まで、 加工しています。 右の写真は、マシニングセンタによる3次元加工の例です。

 

stainless_steel_2.png

材料特性 用途
オーステナイト系ステンレス
SUS304 非磁性
SUS316
食品関係、自動車建築材
フェライト系ステンレス
SUS430
家庭器具、 建築関係
マルテンサイト系ステンレス
焼入硬化可能
SUS 420J2
SUS 440C
刃物、ベアリング
析出硬化系ステンレス
SUS 630
SUS 631
航空機部品
被削率 : 30~60