チャックユニット

unit01.jpg

チャックユニットとは材料や部品を掴んだり支えたりするためのコレットチャックを開閉するための部品(スリーブ)と駆動源(アクチュエータ:エア・バネ・モータなど)が一体化した装置のことです。

加工・組立に行う専用機で材料や部品を掴む必要がある場合、その装置にチャックユニットとして組み込むことが出来ます。

 

ダイヤ精機製「チャックユニット」のメリット

①当社で設計致します。

お打ち合わせに基づいて弊社が設計から製作まで行うため、装置への取り付け、精度、把持力等、お客様の手を煩わせることはありません。

②素早く対応致します。

チャックユニットが一体化されているため、設計変更への対応、故障時の対応を素早く行うことが出来ます。

③ローコスト・短納期で対応致します。

すでに企画化されているチャックを利用することで、ローコスト・短納期でチャックユニットを供給することが出来ます。

チャックユニット サンプル仕様

unit02.jpg ワーク径 φ2.5 ワーク把持力 300N
振れ精度 口元から5mm 10μm(レンジ)

チャックはバネ力で閉じ、外部のアクチュエータにより開きます。
スリーブの移動によりチャックを開閉させるため、 ワークのスラスト方向寸法が安定します。
ワークのロード・アンロードがユニットの両端面から可能です。

 

ワーク径 φ20
ワーク把持力 300N (エアシリンダとエア圧力による)
 
チャックはエアシリンダで閉じ、バネ力で閉じます。
スリーブの移動によりチャックを開閉させるため、ワークのスラスト方向寸法が安定します。
unit03.jpg

 

unit04.jpg
ワーク径 φ3 ワーク把持力 150N 
振れ精度 口元から5mm 5μm(レンジ)
 
チャックはバネ力で閉じ、外部のアクチュエータにより開きます。
チャックの移動によりチャックを開閉させるため、構造が簡単で低価格でチャックユニットを提供することが出来ます。