設計から完成までの事例

これは、お客様から、設計、加工、組立、調整、完成まで すべて、ご依頼を受けた事例です。私どもが、設計から開発まで、ご相談させていただく分野は、 主として、検査装置、搬送装置、測定器、治具などです。

ラップリング搭載装置

ラップリング搭載装置 ハードディスク用薄膜(はくまく)ヘッドをラップするため、パレットに入ったヘッドを、 ラップ用のリングに搭載するための装置です。

オートローダ

オートローダ 光学用ガラスをガラス切断機にパレットごと投入し、 加工後パレットごと、もとの棚にもどす装置です。
具体的には、

{1} 切断機テーブル面のガラス粉の洗浄
{2} 洗浄水の除去(ワイパー)
{3} 加工前 ワークのロード
{4} 加工後 ワークのアンロード
などの機能があります。

ひょう量装置

ひょう量装置 密度の安定したシリコン単結晶を基準物質として、 検体の密度を精密電子てんびんを使って、液中で測定する装置の総称で、 この写真は、それの荷重交換部です。 複数の検体の中から指定する一体を自動的に測定ケージに乗せるものです。 ダイヤ精機では、このほか、荷重交換用ソフトウェアを開発しました。 これは工業技術院計量研究所に納入したものです。

コネクタピン圧入冶具

コネクタピン圧入冶具 コネクタ本体(樹脂)にコネクタピンを圧入する冶具です。